YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

カメラ転売は稼げるのか?【現役プレイヤーが語る2020年カメラ転売事情】

この記事を見ている方の多くは副業に興味を持ち、いろいろ調べてカメラ転売というビジネスに辿り着いたのだと思います。

そこで気になるのは、「カメラ転売は本当に稼げるのか?」ということですよね。

結論から言いますと、カメラ転売は稼げます。

というか、数ある物販の商材の中でもカメラほど優れているものはないかと思います。

僕自身、副業として2019年からカメラ転売に取り組んでいますが、今現在、毎日2時間ほどの作業で月に20万円ほど稼ぐことができています。

副業で会社の給料以外に+αの収入が5万でも10万でもできると金銭的にも、気持ち的にもゆとりができ、いろいろな選択肢が増えてきます。

ぜひカメラ転売を学んで実践し、人生の選択肢を広げてもらえれば嬉しいです。

本記事ではカメラ転売の基礎知識と2020年時点でのカメラ転売事情について解説します。これからカメラ転売にチャレンジしてみたいと思っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

カメラ転売とは?

カメラ転売とは、主に中古のカメラを仕入れて販売する物販ビジネスのことです。

「本当にカメラを売って稼げるの?」という声が聞こえてきそうですが、カメラ転売は安定した需要があり、再現性が高く、利益率が高い稼ぎやすいビジネスです。副業でもしっかりと取り組むことで本業以上に稼ぐことも可能です。

※ただし、カメラ転売は何の努力もなしに稼げるビジネスではありません。どんなビジネスもそうですが、楽して稼げるビジネスなどありません。寝ながらスマホでポチポチするだけで稼げるというわけにはいきませんので注意してください。

特に最初は正しい方法でしっかりと行動量を持って取り組むことが必要になります。それを乗り越えることにより比較的容易に稼ぐことができるようになります。

カメラ転売のメリット・デメリット

次にカメラ転売のメリットとデメリットについて解説していきますね!

カメラ転売のメリット

①安定した需要がある

カメラという商品は老若男女問わず扱うアイテムで、季節性に左右されることもなく、ビギナーからマニアまで幅広いユーザーがいる安定した需要がある商品です。

その需要から中古品でも値崩れしにくく、安定して稼ぐことができます。

特に最近ではSNSに載せるためにきれいな写真を撮りたいというニーズもあり、これからますます需要が増えることが期待できます。

また、メルカリやラクマなどのフリマアプリの台頭により、中古市場全体が盛り上がっていることも追い風となって今後ますますアツいビジネスとなると確信しています。

②一品当たりの利益が高い

カメラ転売は一品あたりの利益が高いことも大きなメリットです。

本やCDのせどりだと、一品あたりの利益が少ないのでその分何百、何千個という数を売っていかないと利益が出ませんが、カメラ転売ですと普通に一品で5000円以上利益を出すことができ、時には1万、2万と高い利益を出すことも珍しくありません。

特に副業で取り組む場合には時間の制約がありますので、数十品売って何十万と利益が出せるカメラ転売は最高です♪

③回転が速い

カメラ転売はその需要から回転率が良いのも特徴の一つです。

人気のモデルですと出品したその日に売れてしまうこともよくあります。その回転の速さから在庫を多く持たなくて良いのもいいですね!

④固定費がほぼかからない

カメラ転売では最初に撮影機材を用意する必要がありますが、(といっても全部で2万円くらいで揃えられます)毎月の固定費はほとんどかかりません。

基本的にネットを使って仕入れてネットで販売するため、店舗などは必要なく、ヤフオクのプレミアム会員費とオークファンの利用料くらいなので月に2000円も掛かりません。この固定費さえ払えばビジネスが成り立つため、カメラ転売は稼げるんです!

なお、撮影機材も自己アフィリエイトで稼げば実質タダですので、金銭面に関する参入障壁はほぼないと言っていいです。ノーリスクでビジネスを始められるなんて素晴らしいですね!

⑤在庫の保管に困らない

カメラは他の家電などの商材に比べて非常にコンパクトなので、保管場所のスペースが少なくて済みます。棚を一つ用意して保管すれば自宅で十分に保管可能です。

とはいえ片付けはちゃんとしないと家族からクレームがくることになりますので注意しましょう(^^;

⑥完全在宅でできる

カメラ転売は実店舗での仕入れもありますが、メインはネットからの仕入れてネットで販売することになりますので在宅で完結することが可能です。

商品の発送に関しても電話一本で集荷に来てくれるのでやろうと思えば本当に家から一歩も出ずにビジネスができます。子育て中の主婦の方や忙しいサラリーマンでも取り組むことができるで、やはり優れたビジネスモデルだと思います。

⑦会社バレしにくい

カメラ転売は対面ではなく完全在宅でビジネスができるため、会社に副業していることがバレる可能性はほぼありません。発送も最近ではほとんど匿名配送になっていますのでさらに安心です。

ただし、税金対策をしっかり行っていなければ住民税などから会社にバレる可能性もありますので注意してくださいね!

そのあたりについてはまた別記事で説明しますね!

カメラ転売のデメリット

①参入障壁が高い

これは逆にメリットになるとも言えるのですが、カメラ転売では扱う商品の知識や、カメラの動作確認の方法など、多少の勉強が必要となります。

そのため、行動する前から難しいと考えて参入しない人もいるため、逆にチャンスになります。今では多くのサイトやYouTubeなどで無料でカメラ転売の知識を発信している方も多くいますので、そういった情報を参考に始めてみるのも良いかと思います。

実際に仕入れて、検品して出品というサイクルを繰り返す内に自然とカメラの知識が積み上がり、それに比例して利益も上がっていきますよ!最初は覚えることが多く大変だと感じるかもしれませんが、一度覚えてしまえばずっと使えるスキルとして役立ちます。

②在庫を持つ必要がある

カメラ転売は無在庫転売もできなくはないですが、メインは有在庫転売になります。

そのため常に一定の在庫を抱える必要があります。つまりある程度の資金が必要だということです。これはカメラ転売に限ったことではありませんが、転売ビジネスをするには最初に仕入れをするために資金が必要になります。大体10~20万円位あれば始められます。

そんな資金ないよ!という方もいらっしゃると思いますが、ご安心を。

以前の記事で紹介した不用品販売や自己アフィリエイトで10~20万円は十分に稼ぐことができます。

僕も最初資金が少なかったので不用品販売と自己アフィリエイトで資金を貯めてスタートしたので大丈夫ですよ!

あとはクレジットカードを使って仕入れをするという手もありますが、引落日までに商品を売って資金を回収しなければいけないという恐怖に怯えることになりますので慣れないうちはおすすめしません。

③検品や撮影、発送など手間がかかる

カメラ転売の一連の作業の中には検品や撮影、発送などがあり、これに手間がかかるのが難点です。ですがこれも数をこなすことでだんだん速くなってきますし、例えば商品説明はテンプレート化するとか、再出品はツールを使うなど工夫次第で手間を省くことができます。

また、稼げるようになれば面倒な作業を外注化することもできますよ♪

まとめ

カメラ転売はメリットがいっぱいの魅力的なビジネスです。

特にネットビジネス初心者という方にはビジネスの基礎を学ぶことができ、再現性が高く、回転が速く、高利益なカメラ転売は最適です!少し難しいと感じるかもしれませんが、僕自身2019年からカメラ知識ゼロでスタートしましたがちゃんと稼げてるので大丈夫です!

カメラ転売は正しい方法でしっかりと行動すれば必ず稼げますのでぜひ、挑戦してみてください。

カメラ転売で稼ぐ力を身に付け、人生の選択肢を広げよう!

この記事がカメラ転売にチャレンジする方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です