YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

成功者の法則「即断・即決・即行動」

こんにちは、TAKAです。

今回は私が人生で最も大切にしていることの一つである、

「即断・即決・即行動」のマインドについてお話したいと思います。

人間生きていると日々、迷う事はたくさんあるかと思います。

例えば、

今日の晩御飯はカレーにしようか、ラーメンにしようか、、、

好きなあの子に告白しようか、しないか、、、

転職しようか、しないか、、、

などなど、

大きいことから小さいことまで様々な迷いがあると思います。

で、迷った結果、どういう行動をするのかによってその後の人生が大きく変わってくるわけなのですが、

そもそも迷うということは、やれる可能性があるということなんです。

そもそも絶対できないことは迷う対象にあがってすらきません。

例えば、ちょっと極端な例になりますが、

空を飛びたい!と思った時に、

もしかしたら毎日8時間くらい練習すれば飛べるかもしれない!
と思って練習をする人はいませんよね??

それは人間は絶対に空を飛べない生物であるということがわかっているからです。
逆に言えば、迷うということは潜在意識ができるかもしれないと教えてくれているサインなんです。なので迷ったら、即断・即決・即行動した方が良いというわけです。

もちろん結果はコントロールできませんので、必ず成功するわけではないですがやらなければ人生は1㎜も変わりません。

多くの人がそうだと思うのですが、迷っていると、

「失敗したらどうしよう」とか

「失敗したら恥ずかしい」などと、

ネガティブなことを考えてしまう

⇒なのでやらない

⇒結果人生が変わらない。

となるわけです。

また多くの人が勘違いしていますが、成功は右肩上がりに順調に進むものではありません。

特に新しいことを始めたばかりというのは失敗の連続です。

それでも続けて、成功と失敗を繰り返しながら進んでいくことであるポイントでブレイクアウトするという成長曲線が実際のところです。

世の中の成功者と言われている人でもその裏では数々の失敗があって今があるわけです。

そのような才能がある人ですら失敗するのに僕のような凡人が失敗しないで成功しようというのがいかにおかしな話か分かりますよね(笑)

なので、この勘違いに一秒でも早く気付くことが大切です。

もう一度言いますが、迷っているということは成功の可能性があるということ。

だから

迷ったらやる

迷ったらやる

迷ったらやる

これを成功するまでやるしかない。

逆に

迷ってやらない

迷ってやらない

迷ってやらない

を繰り返しているからいつまでも人生が変わらないのです。

ほとんどの人が失敗しないで成功しようと無意識に考えてしまいますが、それは絶対に不可能なので、可能性を感じたらやってみるのが正解です。

たとえ10年勉強してしっかり準備してからやっても結果は同じです。

結果が同じなのであればその10年間はハッキリ言って時間の無駄です。

ならさっさとやってみたほうが良い、実際にやり始めてからがスタートです。

たとえば子供が自転車に乗ろうとした時に

「僕は絶対に失敗したくないので、10年間自転車の構造や体の動かし方を勉強して一発で運転できるようにしてみせます。」

といったところで成功しますか?ってことです。

100%失敗すると思います。

だったらまず運転してみた」ほうが早いと思いませんか?

つまり、いくら勉強しようが、準備しようが失敗することが避けられないのであればその時間は無駄、ということです。

これは他のどんなことにおいても同じです。

英語が話せるようになりたいのであれば英会話教室に行く、海外に留学して現地で学ぶ、ってやっていった方が話せるようになります。

10年間、テキストで勉強してもいきなり外国人とペラペラ話せるようには絶対になりません。
なので、一日でも一分でも早く実際に話すという経験を積んだ方がいい。
それでやっとスタートに立てるというわけです。

多くの人が勉強や、準備をすれば失敗しないで成功するという幻想を抱いています。
なので、いち早くこの勘違いに気が付かなければいけません。
やり始めてからがスタートです。

その点、赤ちゃんはそのことを無意識に理解してます。

赤ちゃんは初めは動けない状態から、寝返りし、ハイハイし、つかまり立ちして歩けるようになります。

または、何も話せない状態から実際に声を出して一生懸命話そうとします。

「いや、僕はもう少し体が大きくなったらハイハイします」

とか

「もう少し、世間のことがわかってから話します」

なんて赤ちゃんはいません。

できるようになるまで何も考えずにひたすら失敗を繰り返して次第にできるようになりますよね。

では、なぜ大人になると同じ事ができないのでしょう?

それは「考える」からです。

ほとんとの人は何か新しいことを始める時に失敗したことを考えてしまします。
考えること自体は何の問題もないのですが、問題は考えた結果どう行動するかです。

失敗したらいやだから、「やらない」なのか、

失敗するかもしれないけど、「やる」なのか、

それでその後の人生が大きく変わります。

もし、あなたが人生を大きく変えたいと本気で思うのであれば、

これはもう、「やる」という決断をするしかありません。

なので、即断、即決、即行動を実践し、習慣にしていきましょう。

そうすれば必ずあなたの人生は好転していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です