YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

Nikon D3000、D5000シリーズをセット売りする際の注意点!

こんにちは、TAKAです。

今回はNikonのD3000、D5000シリーズをセット売りする際の注意点について解説したいと思います。

特にカメラ転売初心者の方はこのことを知らなくて失敗してしまうことがありますので、ぜひ今回の記事でしっかりと学んでおきましょう。

D3000、D5000シリーズの注意点

まず最初に押さえておきたいポイントとして、

NikonのD3000、D5000シリーズはAFモーターが非搭載

ということです。

これはどういうことかと言いますと、

カメラ本体の中にAFを稼働させるモーターが搭載されていないため、

レンズ側にモーターが搭載されていないとAFが使えない

ということです。

NikonのデジタルレンズにはAFレンズとAF-Sレンズがあり、レンズ内にAFモーターが搭載されているかいないかの違いがあります。

・AFレンズ → AFモーター非搭載
・AF-Sレンズ → AFモーター搭載

つまり、D3000、D5000シリーズのカメラにAFレンズを付けてもAFが効かないということになります。

これを知らずにAFレンズを付けて売ってしまうと、「AFが効かない!」とクレームになる可能性がありますので注意しましょう。

D3000、D5000シリーズをセット売りする際のポイント

先述の通り、標準レンズ、望遠レンズ共にAF-Sレンズをセットする必要がある。

AF-Sレンズは仕入価格が高いので、カメラ本体とレンズを別々に仕入れてセット売りすると利益を出しにくい。

もちろん、カメラ本体を相当安く仕入れられた場合は可能ですが、できればレンズキットを安く仕入れるのが良いでしょう。

まとめ

今回はNikonのD3000、D5000シリーズをセット売りする際の注意点について解説をしました。

ポイントは、

AF-Sレンズをセットする必要があるということ。

仕入れる際にはレンズキットを安く仕入れる

です。

ぜひ今回の記事を参考にチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です