YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

カメラ転売でおすすめの仕入れ先を紹介【仕入れ先を拡大しよう】

今回はカメラ転売で使う仕入れ先について紹介していきます。

カメラ転売の仕入れといえばヤフオクが有名ですが、実は他にもいろいろと仕入ができるスポットはあります。

カメラ転売においては、よい仕入れができるかできないかは稼げる額に直に影響してきますので非常に重要になります。

今回は僕が実際に使っている仕入れ先の紹介と仕入れるポイントについて解説していきます。
もし今回紹介する仕入れ先で知らないスポットがあればぜひあなたの仕入れ先に追加してガンガン仕入れてください。

仕入先を増やすことで仕入れられる可能性が高くなり、仕入れに困らなくなりますよ。

カメラ転売でおすすめの仕入れ先

それでは早速おすすめの仕入れ先を紹介していきますね。

ヤフオク

昔からカメラ転売の仕入れ先と言えばヤフオクが有名ですね。
今でもメインの仕入れ先として使われている方も多いかと思います。

ヤフオクは出品数が桁違いに多いのと、とにかく安く落札できるのが魅力です。
その反面、状態の悪いモノや不良品も多いのでご注意を。

昔のカメラ転売の手法だとヤフオクのウォッチリストに山ほど商品を登録して、片っ端からリサーチ&入札と、何時間もPCに張り付いて落札するといった方法が主流でしたが、時間がない副業のカメラ転売には不向きです。

僕の場合ですとヤフオクは相場を知っているカメラを即決で落とすか、自分の買いたい値段で入札してあとは放置、もしくはオークファンで入札予約するといった使いかたがメインになります。

キタムラ

キタムラはリアル仕入とネット中古仕入れがあります。

リアル仕入はその名の通り、実際の店舗に行って商品をリサーチして仕入れる方法です。

カメラのキタムラでは店舗によって「中古カメラ」を取り扱っていない店舗もあるので注意してください。事前にネットなどで調べてから行きましょう。

またカメラのキタムラで中古商品を取り扱っている中でも、「中古買取センター」と記載がある店舗は中古品の買い取りを行っている店舗ですので中古品の品揃えも多く、回転も早いのでおススメです。

一方のネット中古はキタムラが運営する中古品カメラのネット通販サイトです。
全国のキタムラ店舗にある中古品が毎日アップされています。

そのため、競争が激しく良いモノはアップされた瞬間にプロのバイヤーさんに買われてしまいます。

初心者の方には少々難しいかもしれませんが、残っている商品でも十分に利益が取れるものもありますので積極的に活用しましょう。

またネット中古の良いところは、購入した商品を最寄りの店舗まで無料で送ってくれることです。(もちろん自宅に配送することも可。その場合送料がかかる)なので仕入れの送料がかかりません。これはかなりデカいです!

※ただし取り寄せして購入しなかった場合には、取り寄せ1点につき送料550円(税込)かかります。(購入した場合は無料です。)

しかも店舗で実機を実際に触って動作チェックができ、さらには商品説明にないような不具合などがあればキャンセルもできます。そして1万円以上の商品には半年保証が付くなど、まさに至れり尽くせりの仕入れ先です。

最終的にはキタムラのネット中古で新着即決で仕入れができるようになるのを目指しましょう。

フリマ系

フリマ系とはメルカリラクマなどのフリマアプリでの仕入れです。

フリマ系では素人の出品者が不用品を相場を知らずに出品するのでかなり安く仕入れることができます。

ただ最近ではライバルも増えてきていますので新着即決で仕入れるのが基本となります。

僕の場合、予め相場を知っている商品を中心に隙間時間を利用してスマホで仕入れをするようにしています。

暇な時にちょこちょこ見ていると結構仕入れできるので副業でカメラ転売やられている方にはおススメです。

ハードオフ

ハードオフは店舗仕入れになります。カメラ専門店ではないため、商品の回転はそんなに早くないので月に一度何店舗かまとめて仕入れするのがおすすめです。

ハードオフは店舗によって値付けもバラつきがあるので思わぬ利益が取れる商品があることもありますので要チェックです。

また、ジャンクコーナーでは稀に状態の良いレンズが500円とかで売っていますので必ず見るようにしてください。

Amazon

Amazonは販売で使うことが多いのですがもちろん仕入れをすることも可能です。

特にプライム出品のものは発送が早いので無在庫カメラ転売の仕入れでも活躍します。

なお、販売用アカウントで仕入れをしないように仕入れ用アカウントは別に作っておきましょう。

ネットショップ

ネットショップ仕入れとはカメラショップのホームページからカメラを仕入れることです。

最近では店舗を持っているカメラショップでも同時に自社ホームページや楽天、ヤフーショッピングなどでオンライン店舗を展開していることが多いです。

主なネットショップをまとめておくのでぜひブックマークしておいてください。

マップカメラ

三宝カメラ

松坂屋カメラ

カメラのナニワ

フジヤカメラ

トップカメラ

またCAMERA fanでは上記のようなショップからまとめて検索をかけることができますので非常におすすめです。

まだまだ他にもいろいろとありますのでぜひ新しいショップを開拓してみてください。

仕入れ先の特性を掴む

仕入先によっての特性を掴むことも上手く仕入れをするための重要なポイントになります。

ヤフオクやフリマ系は素人出品者が多いので写真や商品説明が適当なことが多いです。

なので気になることは購入する前に質問するなどしてできる限り仕入れミスを防ぐことが大切です。また送料についても必ず確認してから購入するようにしましょう。

ネットショップ仕入れでは商品のランク付けなどもお店ごとに表記も違えば、ランクごとのコンディションもバラバラです。
こればかりは実際に仕入れてみたり、店舗で実物をみてそのお店ごとのコンディション表記を覚えるしかありません。

例えば、レンズにカビありと表記があっても実際にはほとんど気にならないレベルだったりします。

ネットショップ仕入れでどうしても不安な場合は電話して詳しく聞くのが一番よいです。大抵親切に実物を見ながら教えてくれますよ。

またショップによって○○万円以上で送料無料とか、1万円以上の商品は半年保証付きなどのサービスを行っていることがあります。また定期的に割引セールを行っているショップもありますので上手に活用して安く仕入れができるとよいですね。

TAKAの仕入れ方

それでは僕が実際に行っている仕入れの方法を紹介します。

利用頻度が高い順で並べると、

キタムラネット中古→フリマ系→ヤフオク→ネットショップ→ハードオフ

となります。

実は仕入れにはあまり時間をかけていません。

副業でカメラ転売やっていますので仕入れにそこまで時間かけられないのですよ。
基本的には会社の昼休みやちょっとした隙間時間にスマホでキタムラやフリマを見て相場を知っている商品を即決で仕入れしています。

ヤフオクは在庫のラインナップ的に欲しい商品がある場合に仕入れたい額で入札して放置か、オークファンの入札予約して終わりです。

ネットショップは月に1回くらい各ショップを回ってまとめて仕入れします。
その他ハードオフは月に一度回る感じです。

あとはキタムラにネット中古で予約した商品を取りに行くついでに店舗の商品も見て良いモノがあれば仕入れるといった具合です。

これだけでも十分に仕入れは可能です。むしろ目についたものを全て仕入れては捌ききれないくらいです(笑)

まとめ

カメラ転売ではいろいろな仕入れ先があります。

もし今回紹介した中でまだ知らなかった仕入れ先があればぜひ取り入れてみてください。
仕入先を拡大することで各段に仕入れがしやすくなりますよ。

とはいえ仕入れをするにはやはりリサーチが最も重要になりますので、こちらもコツコツと続けて相場を知っている商品をどんどん増やしていってください。

仕入ができない原因はリサーチ不足がほとんどですので行動量を持って頑張っていきましょう!

それではまた次の記事でお会いしましょう。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です