YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

キレイな商品写真を撮るための機材の設定【これでバッチリ綺麗な写真が撮れる!】

今回はキレイな商品写真を撮影する方法を説明していきます。

カメラ転売で稼ぐためには魅力的な商品写真を撮れるようになることが必須です。

最低限必要な撮影方法をお伝えしていくのでぜひマスターしてください。

カメラ転売では高度なカメラの撮影技術や写真の加工テクニックは必要ありませんが、最低限キレイな写真を撮るスキルは必要になります。

本記事では実際に僕が使用している撮影機材や撮影の設定方法をお伝えするのでその通りに行なっていただければ綺麗な写真を撮ることが出来ます。

カメラ転売を始めたばかりの方やすでに実践しているけど上手く写真が撮れないとお悩みの方がいれば参考にしてみて下さい。

商品写真を綺麗に撮るべき理由

カメラ転売では商品写真のクオリティーが販売価格や売れやすさに直結します。

つまりそれだけ重要な要素ということですね。

綺麗な商品写真が撮れることで、

・外観から判断出来る商品価値が上がる
・カメラに精通しているという信頼度が上がる

といった効果があります。

まず前提としてヤフオクやネットショップでの商品写真はとても重要です。

何故ならリアルショップと違って購入者は商品を実際に見て買い物をする訳では無く、写真や説明文を見て判断するしか選択肢が無いからです。

そのため購入するかしないかを検討する時に写真が極めて重要な判断材料となるわけです。

もしあなたがカメラを購入する立場だとした時に、汚い床に直置きしてスマホで撮った写真ときちんとした撮影ボックスで一眼レフを使って撮った写真を比べた時にどちらで購入したいと思いますか?

僕なら当然後者の綺麗な写真のカメラを購入したいです。

また、そういった雑な商品の写真を見るとその出品者の普段のカメラの扱いやメンテナンス状況なんかも心配になってくるのでなおのこと購入したいとは思いませんよね。

ですからカメラ転売では実際に見ることの出来ない商品の外観を写真で伝えるために最低限綺麗に撮る必要があります。

さらには中古カメラを購入してくれる購入者の中には、僕たちよりもカメラに詳しい人もいらっしゃいます。

僕たちは販売をするスキルはあるけど、撮影するスキルがそこまであるわけではありません。

しかしカメラ好きの購入者には撮影するスキルがあるので、僕たちより詳しいのは当たり前です。

そういった方にも安心して購入してもらえるよう、最低限のカメラ撮影スキルは身に付けておくべきという訳ですね。

撮影に必要なもの

それではカメラ転売における商品写真の撮影方法を説明していきますね。

まず必要な機材ですが、

必要な機材

・一眼レフ
・レンズ
・メモリーカード
・ストロボ
・調光ケーブル
・撮影ボックス
・レフ板

上記のものが必要になります。

出来るだけ最初に揃えておきましょう。

カメラ転売で必要になるものはこちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

カメラ転売を始めるのに必要なもの【初心者はこれを揃えればOK!】

僕が使っている撮影機材は、一眼レフはNikonのD200というカメラを使っています。

撮影ができれば特にこだわる必要はありません。

レンズは同じくNikonのAF-S 18-55mm VRという標準的なレンズを使っています。

その他、使用機材の紹介や撮影ボックスの作り方については下記の記事で詳しく説明してますので参考にして下さい。

TAKAの撮影機材を紹介【これで綺麗な写真が撮れる!】

カメラ転売を始めたばかりの人はスマホでも大丈夫ですが、本腰を入れてカメラ転売に取り組み、本格的に稼いでいくならこれらの機材を早めに揃えてください。

初期資金がなくて揃えられないという方は下記の記事を見てまずは20万円ほど資金を貯めましょう。

自己アフィリエイトでカメラ転売の資金10万円を稼ぐ方法【ハピタスで稼ぐ編】

不用品販売で資金を貯める方法【ヤフオクを使ったやり方を説明】

カメラ本体の設定

まずはカメラ本体メニュー画面から設定を行なっていきます。

メニュー画面を出して、「撮影メニュー」から「仕上がり設定」を選択、「より鮮やかに」を選択してください。

次に同じく「撮影メニュー」から「画像サイズ」を選択、「サイズS」を選択してください。

続いて撮影設定です。

下記の画像のように撮影モードをマニュアル「M」に合わせましょう。

②「MODE」ボタンを押しながらのダイヤルを「M」の表示が出るまで回します。

マニュアルとは自分で設定をして写真を撮影することが出来るモードで、とても綺麗に商品を撮影することが出来ます。

初心者には難しく感じるかもしれませんが1度設定をしてしまえばとても簡単に撮影できるようになります。

それではできるだけわかりやすく設定方法を説明していきますね。

まず、マニュアル撮影で設定するところは以下の3箇所です。

撮影設定

・ISO感度
・シャッタースピード
・F値(絞り)

まずISO感度を設定します。

①「ISO」と書かれたボタンを押しながらのダイヤルを回してISO感度「640」に設定します。

次にシャッタースピードです。

のダイヤルを回してのシャッタースピードを「1/125」に設定します。

最後にF値(絞り)です。

のダイヤルを回してのF値を「16」に設定します。

F値の数値を低くすればするほど明るくなり、F値を高くすればするほど暗くなります。

ISO感度やシャッタースピードは固定して動かさず、F値で明るさを調節するようにしてください。

F値「16」をベースにして何枚か試し撮りをして程よい値を探してみてください。

撮影する部屋の環境や照明によって変わってきますので、試し撮りをして確認をしましょう。

レンズの設定

レンズ側の設定も忘れずにやっておきましょう。

と言っても簡単で上の写真の①のスイッチをマニュアル「M」にするだけです。

あと、D200では写真②の「フォーカスモードセレクトダイヤル」「M」に設定しておいてください。

ストロボの設定

つづいてストロボの設定です。

まず電源を入れて、のスライダーを動かしてモードをマニュアル「M」にします。

次に①の「M」ボタンを何回か押して発光量を「1/8」もしくは「1/16」に設定します。

発光量は「1/1」が最も明るく、「1/16」が最も暗くなります。

環境や機材により異なりますのでテスト撮影をして程よい明るさになる値を見つけて下さい。

その他の値も調節可能ですが基本的には初期設定の状態で大丈夫です。

これでストロボの設定は完了です。

キレイに出品写真を撮影する設定方法まとめ

 

設定まとめ
◇カメラ本体
・「M」マニュアルモード
・ISO感度「640」
・F値(絞り)「F16」
・シャッタースピード「1/125」

◇レンズ
・「M」マニュアルモード

◇ストロボ
・「M」マニュアルモード
・発光量 「1/8」もしくは「1/16」

バウンス撮影について

バウンス撮影とはストロボ光を天井や壁などへ反射させて被写体へ当てるライティング方法の一種です。

外部ストロボを使うだけで特別なライティング機材を必要としないので、誰でも手軽に使うことができるライティングテクニックです。

天井へ反射させる「天井バウンス」は被写体の上部から光が降り注ぐので、被写体正面へのストロボ光の照り返しをなくすことができます。

また被写体正面へストロボ光をダイレクトに当てる際に出てしまう光のコントラストや陰影を弱め、やわらかい光で撮影できるので、カメラ転売の商品撮影に向いています。

そして肝心の撮影の方法ですが、これまた非常に簡単です。

カメラ本体とストロボを調光ケーブルで接続し、下記の写真のようにストロボを商品の手前に発光部が上に向くようにセットします。

あとはズームとピントを合わせてシャッターを切ればOKです。

ストロボの角度や置く位置、商品との距離でも明るさが変わりますので色々試して最適なポジションを見つけて下さい。

まとめ

カメラ転売での商品撮影方法はいかがでしたか?

最後にカメラ転売の撮影で陥りやすい注意点をひとつ。

それは「写真撮影にこだわりすぎない」ということです。

キレイな写真を撮る方法を紹介しておいて矛盾に感じるかもしれませんが、

僕たちはカメラ転売で利益を出すことが目的であって、綺麗な写真を撮ることが目的ではありません。

そのため商品写真を綺麗に撮影する努力は「ほどほど」で大丈夫です(^^)

はじめての方には少し難しく感じるかもしれませんが、1度設定をしてしまえば後は明るさを微調整する程度ですのでとても簡単です。

本記事を参考にして魅力的な商品写真の撮り方をぜひマスターしてください。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です