YouTubeでも配信中!チャンネル登録はこちら★

カメラ転売を始めるのに必要なもの【初心者はこれを揃えればOK!】

初心者さん
カメラ転売始めたいけど、何を用意すればいいんだろ?

カメラ転売を始めようと思った時に、初心者の方であればまず何を用意すればよいのか分からないと思います。

今回はこれからカメラ転売を始める方が用意するべきものと購入時のポイントを併せて紹介してきます。

本記事の内容

・カメラ転売に必要なもの
・購入時のポイントと注意点

準備するものが多いですが、最初からしっかりと用意することでスムーズにカメラ転売を始めることができます。購入時のポイントと注意点も併せて説明しますので参考にしてください。

パソコン関連

ネットビジネスにおいてPCやネット回線は非常に重要です。作業効率にも直接影響が出るのでしっかりと環境を整えましょう。

パソコン

スマホだけでもカメラ転売は可能ですが、やはり効率や作業性を考えるとパソコンは必須です。
超ハイスペックなものは必要ないですがストレスなく作業できるものが良いですね。持ち運べるノートPCの方が色々と便利です。
WindowsでもMacでもどちらでもOK。 AmazonなどでオフィスなしWindowsモデルなら3万円台から売ってます。

スマートフォン

スマホはカメラ転売では必須。
店舗仕入れではスマホがないとリサーチできないし、スマホがあれば外出先でも取引連絡や仕入れが可能です。iPhone、androidどちらでもかまいません。

 

 

 

インターネット回線

当然ながらネット回線がつながっていないとネットビジネスはできません。
回線速度が遅いと非常にストレスかつ作業効率が悪いので高速な回線を使うことを強く勧めます。

今だとNURO光がおススメ!世界最速の2Gbpsで43000円のキャッシュバックキャンペーン中♪ 

撮影機材

撮影機材 カメラ転売では綺麗な商品写真を撮るための機材が必要です。より綺麗な商品写真を撮ることで販売力を高めることができます。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは商品写真を撮るのに必要です。
もちろんスマホでも写真は撮れますが、一眼レフの方がより綺麗な写真が撮れ、販売価格を上げることができます。
最初は安価な中古の一眼レフで十分なので、必ず最初から一眼レフを用意してください。

ちなみに僕が使っている一眼レフはNikonの「D200」というモデルです。キタムラで中古が13000円ほどで買えます。レンズは同じくNikonの「AF-S DX 18-55/3.5-5.6G VR」でこちらは6000円ほど。

あと、忘れずにSDカードなどの記録メディアも購入しておきましょう。機種によってSDカードだったりコンパクトフラッシュだったりしますので対応メディアをよく確認してから買うとよいですね。

一眼レフカメラやレンズなどの機材はカメラのキタムラで買うのがおススメです。
直接店舗で買ってもいいですし、キタムラネット中古でもOKです。
キタムラネット中古で買ったカメラは自宅近くのキタムラの店舗へ無料で送ってくれます。
また、仕入れでもキタムラネットはメインで使いますのでついでに登録しておきましょう。

ストロボ

ストロボはフラッシュをたくのに必要です。カメラには内蔵フラッシュもありますが、綺麗な商品写真を撮るためには外付けのストロボが必要です。

カメラ転売では、「商品をいかにきれいに魅せるか」が重要かつ売り上げに直結しますので必ず用意してください。

というか、カメラ転売を本気でやってる人でストロボ使ってない人はおそらくいません。 僕が使っているのはNikonの「SB-28」というもので、中古で3000~5000円くらいで買えます。

ストロボケーブル

カメラとストロボをつなぐケーブルです。 また別の記事で説明しますが、カメラ転売では「バウンス撮影」という撮影方法を使います。
この撮影方法をするためにストロボケーブルが必要になります。
僕はNikonの「SC-28」を使ってます。中古で3000~4000円くらい。アマゾンで互換品が安く売ってるのでそちらでも構いません。

 

撮影ブースとレフ版

 

 

 

 

 

 

ヤフオクなどでカメラを探すと背景が白抜きできれいな写真をよく見かけると思います。 ああいう写真を撮るのに必要なのが撮影ブースです。 「撮影ブース」で検索すれば市販のものがいっぱい出てくるのでそれでもかまいませんが、意外と使い勝手が悪かったり、大きさが合わなかったりするので段ボールなどで自作するのがおススメです!1000円位で作れますよ。

あとついでにレフ版も買いましょう。フラッシュの光を反射させるのに使います。 こちらもアマゾンで1000円位で買えます。大きさは直径60~80cmくらいあればよいでしょう。

清掃用品

ヤフオクなどで仕入れした中古カメラは汚れが付いていることも多いです。 しっかりと清掃をしてきれいにし、高値で販売できるようにしましょう!

ブロアー

レンズやセンサーについたチリ、ホコリなどを吹き飛ばすのに使います。 専門店で買うと1000円位ですが100均でも売ってます。

 

 

 

レンズクリーニングティッシュ

レンズの清掃に使います。ウェットタイプのものが程よい湿り具合で拭き跡も残らなくていい感じです。 レンズを拭く前にはブロアーでレンズ表面のチリを飛ばしてから拭くようにしてください。

 

 

 

 

アルコールティッシュ

ヤフオクなどで中古カメラを仕入れすると汚れていることがあるのでそういう場合にはアルコールティッシュできれいに拭き取ります。

 

 

 

 

 

クリーニングクロス

クロスはカメラの外観を拭いたりレンズを拭いたりする時に使用します。 ウェットティッシュでカメラを拭いた後、濡れたまま放置すると跡になってしまい汚く見えてしまうのでクロスで空拭きします。 クロスは少し値段をかけることをオススメします。安すぎてしまうと安物買いの銭失いになることがあります。

 

梱包用品

商品が売れたら次は梱包です。 郵送時の故障などがないようにしっかりと梱包していきましょう。 丁寧な梱包をすることでお客様からの信頼もアップします。

段ボール

基本的に段ボールは新品のものを使うのをおススメします。
新品の方がきれいで受け取った側も気持ちがよいですし、家にある段ボールやもらってきた段ボールはサイズがまちまちなので面倒です。 作業効率も考えると新品を最初から使うのがよいかと思います。
初めはホームセンターか100均で買うとよいです。基本は60サイズか80サイズが20~30枚あればOKで、 時々ある箱付きのダブルレンズキットなどのために100サイズを数枚用意しておけばバッチリです。

カメラ転売が軌道に乗ってきて数が売れ出したら、ダンボールの購入はダンボールワンがおススメです。 広告入りの段ボールなので、かなり安く購入できます。
100枚くらいまとめて注文すると一枚30円くらいで買えます。1ヶ月に1回発注すれば家に届けてくれるので大変便利ですよ。カメラ転売で慣れてきたら是非活用してください。

プチプチ(緩衝材)

カメラは精密機械なので輸送中に故障しないよう、プチプチで包んで発送します。 プチプチも新品の方がいいですね。ホームセンターかアマゾンで買えます。 僕の場合、ロール1個で2か月くらいは持ちます。

 

 

 

 

セロテープ

セロテープはプチプチを止めるのに使います。 100均ので十分です。

 

 

 

 

ガムテープ

ガムテープは段ボールを止めるのに使います。 これも100均で十分です。

 

 

 

ざら紙

ダンボールに入れたカメラとダンボールの隙間を埋めるために入れる紙です。 カメラのみだと隙間でカメラが動いちゃうので、この紙をクシャクシャにしてダンボールの隙間に入れてあげると安心ですね。 僕はAmazonでまとめて買ってます。

 

 

 

購入時のポイント

カメラ転売に必要なものを購入する際のポイントをまとめました。 普通に買ってしまうと損をするのでしっかりと確認しておいてください。

カメラはキタムラで買う

撮影用のカメラはカメラのキタムラで買うのがおススメです。1万円以上のカメラなら半年の保証が付きますし、実機を触って購入することができます。
店員さんに分からないことや操作なども聞けるので初心者の方は迷わずキタムラで買いましょう。
キタムラは仕入れでもお世話になりますので、近所のキタムラで購入して店員さんと仲良くなっておくと良いですよ。

過去の僕のようにケチってヤフオクで買って不良品を掴まされても泣かないよーに(´;ω;`)

100均をで買えるものは買う

100均で十分なものは100均で買って初期費用を抑えましょう。

メルカリで評価を貯める

梱包資材などはメルカリなどで買うのもアリです。 どうせ初めにある程度評価を貯める必要があるので必要なものを揃えつつ評価も貯めると一石二鳥ですね。

楽天やアマゾンでポイントを貯める

楽天やアマゾンなどで購入する場合はしっかりとポイントを貯めると良いです。 僕は楽天ゴールドカードで倍率を上げて購入してます。
カメラ転売は月に50万とか100万とか仕入するようになるのでそれだけで、月に5000~10000ポイントぐらい貯まりますよ。これはデカい!!

まとめと注意点

今回はカメラ転売で必要なものを紹介しました。

カメラ転売では最初に用意するものが多くて大変ですが、準備にあまり時間を掛けすぎないように気を付けてください。

時間を掛けた分だけ機会損失になりますし、最初から揃えておかないで後から必要になったら買おうと思っているとその都度作業が止まってしまいます。

初めからしっかりと準備をすることでスムーズにカメラ転売が始められます。

カメラ転売を本気で始めれば、道具を揃える費用なんて1ヶ月で回収できるので、初期投資だと思って揃えてしまいましょう。

またどうしても初期資金が用意できないという場合もあるかと思いますが心配無用です。
以下の記事でゼロから20万円を稼ぐ方法を紹介してますので「初期資金がないよ!」という方はまずはこちらから取り組んでみて下さい。

不用品販売で資金を貯める方法【ヤフオクを使ったやり方を説明】

自己アフィリエイトでカメラ転売の資金10万円を稼ぐ方法【ハピタスで稼ぐ編】

それではまた次の記事でお会いしましょう。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です